konohana  繋がる ニューエイジ 宇宙と繋がる グラウンディング バランス 天然石

占星術

エッセンスエッセイ

占星術

今は占星術の魅力に占いとは別に
学びたい気持ちでいっぱいです。
星占い・・実は私は少し前までは信じていませんでした。

けれど深いものだ・・と最近は思っています。

今、言われている星座占いは
太陽星座占いといってホロスコープを作らなくても
誕生日さえ分かればいいもの。

それっておかしいでしょ・・って。
同じ日生まれの人なら同じなんてお手軽過ぎる。
その通りでこれは邪道とまでは言わないのですが
まかり通っているのはこれ。

占星術
ホロスコープと言うある瞬間の惑星の位置をプロットした図表を作ることから始まります。
これは生まれた瞬間でも良いし何かが起きた事でも占えます。

ここで重要なのは星座じゃなく惑星なのです。

占星術の主役は惑星で
たとえば生まれた瞬間に太陽が何座を運行していたかによって
太陽星座占いで言う私はうお座・私は水瓶座・・・ってなるのです。

またその時、他の惑星にも星座があるのです。
地球から見て惑星がどの星座を背景にして見えたかを示したもの
それがホロスコープです。

だから生まれた日・時間・出生地によって全然違うホロスコープが出来上がります。

太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星(もいれています)の10惑星が
12星座を12等分した円の背景の中でどの位置にあるか。

またアスペクトとか色々見ながら12星座の本質をつかみながら
金星なら「愛と美」を司るミューズ
その惑星は誕生の瞬間どの星座に入っていたか・・
(実際の星座の位置とは違います)
惑星にはマースとかヴィーナスとか神の名前がつけられているように古代から神様とされてきて
心の中の情動はこの神様が引き起こしてきたと考えます。

だから
同じ太陽がおひつじ座の人でも
金星が山羊座にあったり蠍座にあったりして全然違う性格や情動を引き起こすのです。

ホロスコープを見れば自分が生まれた瞬間の情報がはっきり分かり
とても面白いですがそこから読み解いていくのが
占う側のセンスとか深さが出てくるのだろうと思います。

ホロスコープをUPして説明したら
もっと分かりやすかったと思うのですがだいたい大雑把にはこんな感じです。
そんなわけで
巷にあふれている太陽星座占いだけを知っている人が
星座占いなんて信じられないと言うのは
まっとうな感覚だと言えます。

知れば知るほど
楽しい占星術です。

神話に出てくる
癖のある神様を惑星に当てるなんて
古代人はなんてクールな感覚を持っていたのでしょう。
Konohana Marie
next⇒牡羊座の新月

powered by Quick Homepage Maker 4.50
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional